女性は加齢とともに髪の分け目・頭頂部の地肌があらわに

女性の場合、髪の毛はあまり細くならないが、ヘアサイクルの成長期の割合が減って、髪の毛がどんどん抜けてしまうため
髪の密度が少なくなり、真上から見ると地肌がはっきりと分かりますね。

 

ヘアサイクルとは、髪の毛は4〜7年の間、伸び続けて、成長を止めて最終的には抜けます。
1日に抜ける量は50〜100本、この髪の成長過程をヘアサイクルと呼びます。

 

女性の場合、髪の密度は減少しますが、髪の毛はあまり細くなりません。
それに比較して、男性は40代くらいから急に細くなります。
それはヘアサイクルの成長期が短くなり、細いまま成長するためです。

 

 

養毛剤を使えば、持ち直すことになるの?

髪の毛は毛母細胞によって成長しています。
毛母細胞の中央に毛乳頭があり、毛母細胞に指令を出します。その指令によって分裂し、たんぱく質に分化します。
何らかの原因で毛乳頭の力が弱くなると毛母細胞にもう成長はしなくていいと指令を出し、
髪は成長を止めて抜けていきます。
加齢で成長が止まっていくならまだしも、まだ若い方なら養毛剤の力を借りることになります。
養毛剤の主な目的は毛乳頭が毛母細胞に「成長しなくていい」という指令をストップさせるか、
「もっと成長して」の指令を出す効果をねらったものがほとんどです。

 

大切なことは継続して使うこと。うまくいけば半年程度で太さ・本数・張りやコシが改善することも。

 

「黒髪スカルプ・プロ」のTOPページに戻る